女の人

プチ整形で理想の外見をゲット|美人へと大変身!

注射でコンプレックス解消

顔

ボトックスで若返り

ほとんどノーリスク・ノーダウンタイムで、体を傷つけずに老化現象やコンプレックスを解決できるのがプチ整形です。プチ整形はメスを入れる手術のように大きな決断をする必要がなく、学校や会社の帰りなどに気軽にクリニックに立ち寄って施術が受けられます。ボトックス注射は、額、眉間、目じりなどの小じわを消すほかに、小顔や足痩せも実現できるプチ整形のひとつです。メスを使わず、注射器を使って皮下にボトックスを注入するだけでアンチエイジングやコンプレックス解消ができる、大変人気のあるプチ整形です。ボトックスで注入する成分であるボツリヌス毒素には、局地的に筋肉の収縮を抑える性質があります。したがって、筋肉の動きが起因となってできる表情じわの改善に効果があります。また、ボトックスをエラ筋に注入してエラの筋肉を抑えたり、発達したふくらはぎの筋肉を抑えて細くすることも可能です。さらに、口元のでこぼこ、ガミースマイル、花粉症、眼瞼下垂、多汗症などの治療にも効果的です。

ダメージが少ない

ボトックス注射をはじめとして、コラーゲン注射、プラセンタ注射、レディエッセ、ヒアルロン酸注射など注射系のプチ整形は沢山あります。すべての注射系のプチ整形は、傷あとが残らず、内出血が出た場合でも数日で解消されます。ダウンタイムがないのが特徴で、注射をしたあとすぐにメイクをして帰宅できます。注入剤にあらかじめ麻酔薬を入れておくことで、施術時の痛みがなくなります。麻酔薬を入れていない場合でも、注射を打つ部分に麻酔クリームや麻酔テープなどの処置をほどこしてくれるので、注射をしたかどうかわからないまま施術が終わります。注射系のプチ整形は、切開を伴う手術のように劇的な外見上の変化は見込めませんが、それでも実績のあるクリニックで施術を受ければ満足度の高い結果が得られます。何よりも体へのダメージがまったくないのが注射系のプチ整形の大きなメリットです。ほとんどの注入剤は代謝されてなくなってしまいますが、何度施術を繰り返したとしても体に負担がかかることがないので安心です。どの注入剤が、自分の悩み解消に最も有効なのか、医師ときちんと相談の上で、注入剤を選択するように心がけましょう。